2015年交配のウチョウランが咲いた

気温も高くなってきて、我が家のウチョウランも最後と思っていたのですが、
今年の開花を半ば諦めていた、2015年に交配したダンボール実生のウチョウラン1本が初花を見せてくれました。

e0268304_10482694.jpg






[PR]
by 108mayo2 | 2017-07-11 10:53 | 草花 | Comments(2)
Commented by merapopup at 2017-07-12 21:48
こんばんは!
段ボール実生をされていたのですね!
私も以前、段ボール実生を行って花を咲かせたことがありますが、咲いたのは原種に近い並形の柴斑紋花でした。(笑)
無菌バイオにも挑戦したのですが、発芽しませんでした。
薬品等も全て揃えているので何れ再挑戦を考えているのですが、先ずは作に関して自信がついてからだと思い今日に至っております。
メンデルの法則ではないですが、この花を大きく育てセルフ、ジブリング交配するとF1同士なので、また違った良い花がF2で出現するかもしれませんね!?
私も今年はイワチドリをいくつか交配はしたのですが、時間の関係でウチョウランの交配はしていません
今年は、活力エキス&液肥を変えて作っております(これからの夏の管理次第ですが)ので、球根が大きく育つ『予定』です。
来年は実生に挑戦したいと思っています。

Commented by 108mayo2 at 2017-07-12 22:41
merapopup様、コメント有難うございます。
無菌バイオの知識も、メンデルの法則の知識も無く、ダンボール実生があることを知り、この花とこの花を交配したらどんな花が咲くのかな?
と交配してみただけなのですが、初花を見る限り好みの色になってくれました。(笑)
この他に、白い蕾も伸びてきていますが、今年の開花は無理かも知れません。

球根の育ちが悪かったり、春に芽が出なかったりと失敗も多く、消毒もやったことがない横着物なので、まずは作の勉強からやり直しが必要かなと思っています。
これからもいろいろ参考にさせていただきますので、よろしくお願いいたします。



名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ネジバナの色 いろいろ センペルビウム クラクフ >>